• majam35ファブリックアートの世界

シンプルモダンお弁当袋の作り方






最近はとても暑くなってきました。

梅雨がこれからやってくると思うと少し気が思いこの頃です。


今回は少し薄手の生地を使ったお弁当袋を作ってみました。


結ぶ部分が厚めの生地だとなんとなく結びずらさを感じます。

けれど底の部分はしっかりした生地にしたいと思い

こちらを考えました。


薄手のドット生地とシンプルな黒綿生地がモダンな雰囲気になりました。

とっても簡単にできるので是非挑戦してみてください。

洋裁初心者の方などにも私のレシピはサイズをはかって切るだけなので

手軽に始められると思います。


ハンドメイドは自己満足で大丈夫です!

自分が形にしたいと思うものを、自由に作ってみてください。






まずはリボン部分を作ります。

こちらは薄手のドット生地を使用しました。

サイズは45✖️45

を1枚用意します。



斜めにカットしてください。



三角のこちらの2箇所を三つ折りにして縫います。(2枚)


幅は1cmで縫います。


こちらが縫えたらリボン部分は完成です。




底になる部分の生地を用意します。(表地 裏地)

こちらのサイズで2枚用意してください。


今回はシンプルな黒の綿生地を使いました。






それぞれ1枚ずつ、中表に合わせて両端を縫い代1cmで縫います。


この時、表地は写真のように縫いますが、

裏地は1箇所返し口を作ってください。





マチを作ります。

こちらのマチは10cmで縫ってください。




2cmくらい残してカットします。


さてここまで出来たら、


この作り方で一番の難しい部分に入ります。




底の部分とリボンをつなげていきます。





一枚をまず縫い目の部分からスタートさせてグルーっと巻きます。

そしてもう1枚は交互になるようにグルーっと巻きます。


(こちらはわかりずらいようでしたら、majam35アートと布小物youtubeチャンネルにて

動画で説明していますので、そちらを参考にしてください。



こちらのリボンが2枚とも巻き終わりましたら、

最後に中表にして裏生地をかぶせます。





1周縫ます。縫い代1cm.

縫えたら、先程裏地に作った返し口より返します。


返し口をまつり縫いします。



最後にアクセントでダイソーのアイロンタグに印刷したものを貼り付けたら


完成!!


少しリボンを巻く部分が説明がうまく出来なかったのですが、

細かい部分は動画を見ていただければ幸いです。


たっぷり収納ができるサイズとなっています。

薄手のお弁当袋なので、よく乾きとても重宝しています。


また生地を変えたりしても可愛いですね!!

是非挑戦してみてください!










4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示