• majam35ファブリックアートの世界

一つだけの答えはありません 私達は生きているのだから


〜富を問う〜


白髪の老女は銀行へ通った

真っ黒なワンピースに真っ赤なマニキュア

ふくよかな指の飾りが富を語った


白髪の老女は毎日銀行へ通った

そして

世界で人々は飢えていた



_______________


夜、大きな建物のそれぞれのお家の窓の光を見ていると、この光の分、違う考えがあり

生き方があるといつも思います。


一つの建物にこれだけの考えがある

たくさんの人がいてたくさんの思いがあります。

この世界にある本当のことは1つだとしてもそこにたどり着くまでの考えは

無数にあると思います。


作品の中に書いている詩の多くは答えのない詩です。

上記の富を問うもその一つです。


銀行に通う老婆が悪いわけでもなく

世界で飢えている人がいることも真実であり


その答えのないすべてが生きる中にあります。


そのすべてが生きることであり、

答えはその人の中にあるものです。


詩はどんな感じ方をするのも自由な表現です。


何か感じていただけるものがあれば幸いです。

 

 majam35





5回の閲覧