• majam35ファブリックアートの世界

一生懸命ただそれだけで胸を熱くする思い

最終更新: 2020年1月20日


今日は息子の、サッカーの試合を見に行きました。

弱小だったチーム、メンバーさえ揃わずだった2年間細々と彼らはやってきました。

仲間ができたこと、規律を学んだこと,勝ち負けの感情を知ったことすべてか彼のなかに咲く花となり色となりました。


人数も増え少しずつ強くなってきたチーム。

今日の相手はとても勝てる相手ではありません。けれど、勝たなければ中央大会には進めません。


突破しなければ、道はないのです。 前半から声を出し絶対負けないと気合いをいれる、彼らは小さな戦士のようでした。


集中を高めどんなに攻め込まれても点をいれられまいとディフェンス相手は格上を超えた格上。攻め込まれるのを防ぐのに必死てす。 攻め込む余裕はありません。、ひたすら守るだけです。気を抜いた瞬間一点いれられてしまい。後半へ。


ぐちゃぐちゃなグラウンドで、泥がはね

すべりながらも真っ黒になり


必死で点を追いかける姿に感動しました。


試合は負けてしまい、大泣きをする子供達に

私達親は拍手を送りました。


なんでもそうです

一生懸命がむしゃらに何かをすることは

人の心を動かします。

一生懸命を馬鹿にする人は

自分から逃げてしまうことで楽な道を選択します。

いくつになっても、

馬鹿にされても一生懸命必死に生きる

そんな自分でありたいと思います。

そして子供たちにも、一生懸命生きる人になってほしいと思います。


満足は努力の中にあって

結果にあるものではない


ガンジーの言葉を送りたいと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


〜スープ〜


君がスープを作ってくれた

おかしいけど 頑張れという味がした

君がスープを作ってくれた

おかしいけど 味方だよという味もした


君は正面で微笑んでるだけなのに

なんでだろう おかしいな











11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示